カテゴリー: 求人チェックポイント

ホスト求人情報チェックポイント

ホストの求人情報を見るコツ

求人チェックポイント

ホストクラブの求人情報、特に歌舞伎町は店舗も多くなかなか違いがわかり難いですよね。
ここでは求人情報を見る際のチェックポイントを紹介します。

新規店?

ホストクラブはとにかく「新規オープン」が多い業界です。
新宿歌舞伎町は激戦区なのでつぶれる店があれば新たにオープンする店があるのも当然です。
そして、新たに店をオープンするとなればホストを求人募集するのも当然の流れです。
しかし、中には店名を変更しただけの新規店や他の店舗にスタッフを流すためのダミー新規店などが存在します。
前者の場合、
「実際入店してみたらすでに先輩がたくさんいた」
なんてことになりますし、
後者の場合は
「新規店は全然オープンする気配なく、系列店に移動されてそのまま系列店の所属になった」
と言うことにもなります。
両方に共通するのは新規店=先輩がいない・みんな同じスタートライン、という応募を決めるきっかけになりそうな要素をあまりよろしくないやり方で利用している点です。

最近では上記のような新規店と誤解を受けないために本当の新規店であることをアピールしている広告も見かけます。
とりあえず、在籍スタッフがどれだけいるかは最初にチェックしておくと良いでしょう。
また、「新規店」という言葉にあまり踊らされないほうが良いです。
新規店=良い、既存店=悪い、なんてことはありませんので。

歩合・バックの計算元は?

ホストの給料に関しては給与解説を参照。
歩合給がメインのホストですがその計算の元となる数字をどこから参照するかによって貰える金額にかなりの差が出てきます。
キーワードは「小計」と「総計」です。

小計と言うのは飲み物やフード、それ自体の金額です。
メニューとかに書かれているやつですね。
総計というのは小計に消費税やサービス料をかけた金額で、お客さんが最終的に支払う金額です。
サービス料は各ホストクラブで幅はありますが小計に対して20~30%分をかけることが多いです。

例を上げると
シャンパンを1本1万円で提供しているホストクラブ(サービス料は20%、バック率は50%)。
ホストがお客さんからシャンパン1本の注文を受けたら場合
小計を元に歩合計算する場合、ホストの給料は5,000円となります。
総計を元に歩合計算する場合、小計に28%(消費税・サービス料)を書けると12800円、その金額の50%バックなので6400円が給料になります。
給与を算出する数字が違えばシャンパン一本でも数千円の違いが出てきます。

求人情報を見比べるときはバック率だけでなくどの金額を元に計算するのかもチェックしておきましょう。
特に小計・総計を書いていない場合は小計計算の可能性が高いです。

最低保証金はいつまでもらえる?

売上の少ないホストにとっては生命線となる給料、それが「最低保証金」
「売上ゼロでも○○万円支給!」なんて文言をホストの求人情報でよく見かけますよね。
この最低保証ですが、店によっては数ヶ月限定と言うこともあります。
求人情報を見るときは無期限で貰えるかチェックしておきましょう。

入店祝い金はいつ貰える?

入店してくれてありがとう、そんな気持ちをこめてプレゼントされる給料、それが入店祝い金。
最近ではホストクラブなどの水商売以外にも見かける特典ですがホストの場合は金額が多め。
数万円貰えるとなればそのホストクラブに入店しようかという考えも強まりますよね。
しかし、このお金、すぐに全部貰えるとは限りません。
多くの場合は一定期間の就業が確認されないと支給されません。
冷静に考えれば入店してすぐにそんな大金渡していなくなられたら店の損失なのでわからないこともないのですが期待している分がっかり度は高いです。
求人情報を見るときは「即日全額支給」などを明記している店舗を選ぶようにしましょう。

広告