カテゴリー: 女性客について

ホストクラブの客層について

ホストクラブにくるお客さんとは

ホストクラブには様々な年代・職業のお客さんがやってきます。
いくつかをピックアップして紹介します。

女社長

ホストを題材にしたドラマなどでは必ずといっていいほど登場する職業。
いかにもな高級ブランドを身にまとい豪遊をするイメージがあります。
実際のホストクラブにもくることはありますが数は多くはありません。
めぐり合えて自分のお客にできればラッキーというレベル。
金は持っていて使ってくれるのはいいですが頭がキレるタイプも多いので接客難易度が高い傾向に。
この人の使ってくれるお金(売上)に頼ってばかりいると失った後の反動がキツイのもデメリットといえばデメリットです。

OL

仕事でのストレス発散や社会勉強などの理由でやってきます。
翌日も朝からの仕事を控えている場合が多いため、2部営業にはあまりやってきません。
1部営業のタイミングでない遭遇するチャンスがないので2部で働くホストはそもそも出会わないかも。
それほど高い給料をもらっているわけではないので太客にはなりにくいです。
最終手段として風俗系の仕事に手を出させて貢がせるというホストならではの裏技もあります。

主婦

夜中に家を出ることもできないので2部営業ではあまり見かけません。
1部営業の早い時間帯に来店することが多いです。
自分個人で使えるお金をあまり持っていないことが多いので売上への貢献度はやや低め。
しかし、普段チヤホヤされていないのでハマらせることは比較的容易です。

キャバ嬢

ホストクラブと似た業種で働く女性。
お店の営業時間が終わってから来店するので1部営業に来るのは難しい。
2部営業時にやってくるのがほとんど。
相手も接客のプロなので半端な仕事をしていると簡単に見抜かれます。
特に仕事歴の長いキャバ嬢はお金も持っているが攻略が難しい、新人キャバ嬢は結構狙い目。
来店を待つのもいいが、空いた時間にキャバクラに行って新人キャバ嬢と仲良くなって店に呼ぶという地道な営業活動も時には必要となります。

風俗嬢

ホストクラブのもっともメインの客層と呼んでも差し支えない女性たち。
自らの体一つで大金を稼いでいます。
出費・浪費する能力も高く、他の客に対しても対抗意識を燃やすので相当売上には貢献してくれます。
その代わり、精神的に病んでいるタイプの女性もいるので扱いには気をつけましょう。

ミテコ

ホストクラブに来店するお客の中でももっとも注意しなくてはいけない存在。
それが「ミテコ」です。
これはホストクラブ業界用語で、年齢が入店資格を満たしていない女性を指します。
通常ホストクラブに初めて入店する際は身分証の提示を求められます。
しかし彼女らは
「ミ」身分証を、
「テ」提示、
「コ」できない子

なのです。
このことが発覚した場合、最悪店の営業停止の処分を受けることにもなりますのでキッパリと入店を断りましょう。

広告