ホストクラブ求人応募の注意点

ホストクラブの求人応募する際に気をつけること

ホストクラブに限らずバイトの応募には気をつけることが幾つかあります。
そんなこと知ってるよ、なんて思わずに再度チェックしてみましょう。

電話のタイミングは?

基本的には求人要綱に書かれている応募受付時間内にするのがベストです。
とはいえ、ホストクラブの場合は「24時間OK」と書かれていることも少なくありません。
さすがにどの時間でもすぐに対応できるわけも無いので目安としては18時以降に電話すると繋がりやすいです。
店舗の電話番号もこの時間帯なら誰かしらスタッフがいることが多いので繋がりやすいです。
どうしても不安ならメールで応募するのが手っ取り早いです。

身分証っているの?

一般のバイトでもいらないことがあるのにゆるそうなホストクラブで身分証?なんて思っていませんか?
むしろその逆でホストクラブこそ身分証での確認が重要なのです。

ホストクラブで働けるのは20歳から、と誤解されがちですが法律上は18歳からOKです。
この18歳以上という年齢確認が身分証確認のもっとも大きな理由のひとつ。
もし、しっかりと確認せずに18歳以下のスタッフを雇っていることが警察にばれたら最悪営業停止の処分が下ります。
それを防ぐためにも慎重な確認が必要なのです。

また、法律上ホストクラブはそこで働く従業員の情報をまとめたリストの作成が義務付けられています。
これは時に警察の求めに応じて提出することもある書類なので適当なことは書けません。
いざというときにこういった義務を果たしていないとお店としては大きな打撃となります。

どうしてもホストクラブで働きたいからといって人から借りた身分証を使ったり偽造する人がたまにいますが後々トラブルになるのでやめておきましょう。
ホストクラブの中には、身分証の確認がいい加減だったり、必要ないといったりするようなホストクラブがありますがそういったお店こそ危険なのです。
上記のようなリスクを負ってまで募集・営業するお店、中には違法営業店があるかもしれません。

面接の服装は?

あまり服装にこだわるホストクラブはありませんが、だらしない格好は避けたほうが良いです。
スーツを持っているならスーツを着ていくのはありです、営業中は基本的にスーツで接客しますので。
不安ならば事前に服装について問い合わせしておくと良いでしょう。

罰金は?

最近はホストクラブでも罰金を科す店は減りました。
とはいえ、遅刻や無断欠勤などがなんのお咎めもなしと言うことはありませんので注意しましょう。

辞める時はどういう手順で?

働く前からやめるときの心配をするのはホストクラブを含めて夜業界の常ですね。
とにかく辞めさせてもらえない、なんて話がまかり通っていますがそんなことありません。
もし貴方がそのお店の売上の大部分を占めるような超売れっ子ホストならばかなり留意されると思いますがそうでなければ意外とすんなり辞めれます。
数週間前くらいには責任者にその旨を伝えておきましょう。
もし変な理由をつけて辞めさせないといっても決めた日以降は行かなくていいです。
脅しのような連絡が着たら「警察に相談します」と言っておきましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中