ホストクラブ体験入店について

ホストの仕事を体験してみよう

ホスト体験入店

テレビなどのメディアでちょこちょこ紹介されてはいますがホストクラブも夜の業界の仕事のひとつ。
誰しもが働くことに対して不安に思うでしょう。
そういった不安を少しでも解消すべくホストクラブが設けたのが「体験入店」。
その制度やメリットについて解説していきます。

体験入店を申し込もう

体験入店をしたいホストクラブが見つかったらメールや電話でその旨を伝えましょう。
自分の希望日を伝えて場所や必要なものを確認します。
スーツは無くてもレンタルスーツがあるので基本的には大丈夫です。
最近主流のコミュニケーションツールであるLINEでの問合せもOKです。

面接を受けよう

全く何も知らない人が、当日ホストクラブに行っていきなり接客を体験するのは難しいです。
何より、お客さんに失礼があってもいけません。
それらの解決法として面談・説明の時間が設けられています。
また、体験後にそのまま入店することもできるのでこのタイミングでそのホストクラブの給与システムや待遇について話をすることもあります。
実際にテーブルに付いて接客する場合はその手順なども教えてもらえるので心配入りません。

「体験」することは様々

体験入店でどこまでのことをさせるかはホストクラブによって様々です。
1番簡単なのは「見学」。
特に接客などはせずに営業中の店内の様子を見せてもらいます。
他のスタッフとも軽くコミュニケーションをとったりもします。
1番難しいのが「接客」
実際に来店したお客さんのテーブルで先輩ホストのヘルプとして接客を体験します。
難しく考える必要はありません、先の面接時に受けた説明を思い出しながら、あまりでしゃばらないようにしましょう。

体験入店の給料

体験とは言え、働いたので最後に給料が貰えます。
体験の内容が簡単であればあるほど金額が安くなります。
とはいえ、ちょっとしたバイトよりもお金は貰えます。
求人内容で高額な体験入店の給料を記載しているお店はその当日に全額貰えないこともあります。
残りは入店後の最初の給料に加算という流れが一般的です。

体験入店その後

体験入店が終わった後、そのホストクラブに実際に入店するのか、はたまた別のホストクラブの体験入店に行くのか、もしくはホストとして働くのをあきらめるか、それは本人の自由です。
体験入店をしたことは実際に働くことを約束するものではありません。
変にプレッシャーを感じることなく自分の判断で決めましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中